相談員の徒然日記 ~青風苑 秋分編~

秋の夜長を鳴き通す~♪・・・と、唄もありますが、本当に暗くなるのが早くなってきました。クツワムシもガチャガチャ言っております。

朝・晩は肌寒くなり、昼間は心地良い風が吹いて、ようやく気候も秋らしくなってきましたね。

秋と言えば、「紅葉」が思い浮かびますが、ここ数年、しっかりと紅葉を見れてないです・・・。皆様はいかがでしょうか??

色付く前に散っちゃうのか、色付いてもすぐに散っちゃっているのか定かではありませんが・・・。

秋の風物詩なので、是非一年に一度は見ておきたいのですよね!!今年の秋はどうでしょうね~?

敬老の日

毎年、9月の第3月曜日は、敬老の日でございます。今年は21日でした。

そもそも「敬老の日」は、とある小さな村で「敬老会」を開催したのが始まりで、今ではこれまで社会に尽くして下さった高齢者を敬愛し、長寿を祝うという全国的な取り組みとなっています。

青風苑では、毎年感謝の言葉を添えて、敬老の記念品を皆様にお渡ししています。

そして今年は、それに加えて、職員によるオカリナの演奏を聴いて頂きました♪

こちらです。

できれば皆様に集まって頂き、演奏をお届けしたかったのですが、ソーシャルディスタンスを確保するため、テーブルを挟んで希望される方だけ集まって頂きました。

なぜチャイナドレス・・・??

とても優しい音色です♪

利用者様を癒して欲しかったのですが、なんででしょう・・・笑い声が聞こえます。それも、腹がよじれるんじゃないかと心配する程に。

職員のチャイナドレスが面白過ぎたようです。

喜んで頂けたようで、良かったです☆

夏場には収束してるだろう、と言われていた新型コロナウイルスですが、未だに収束の目処は立っていません。

この状況では、できることが限られていますが、利用者様方に楽しんで過ごして頂けるよう、職員一同、今後も頑張っていきます!!