相談員の徒然日記~青風苑入所 敬老会編

9月の秋分の日が過ぎ、朝晩は涼しくなり、少しずつ秋らしくなってきました。

 昔から「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、この日を境に暑さは和らいでいき、1年のなかでも特に過ごしやすい秋の始まりです。

 しばしば昼が短くなって「昼と夜の長さが等しくなる日」とも言われてますが、実際は昼の方が少し長いとのことです(笑)

まだまだ日中は暑い日がありますので、水分補給などをこまめに行うなどの熱中症対策は今後も継続していきたいと思います。

敬老会

青風苑では9月20日の敬老の日に「敬老会」を行いました.

今年の敬老会についても昨年と同様に、新型コロナウイルス感染予防の為

規模を縮小して行いました。(緊急事態宣言中でもありましたしね・・・)

今回も外部からの慰問などは行わずに、職員と入所者様のみで感染対策を行ったうえで敬老のお祝いをしました。

また今年については100歳のお祝いの対象の入所者様が3名もおられました。

コロナ禍のため、例年の直方市長の表敬訪問などは今年も中止となってしまいましたが、直方市から3名の方に祝状と銀杯が贈られました。

敬老会のおやつは、入所者様の希望に沿ったお菓子を準備し、皆様に食べて頂きました。

入所者様は大変喜ばれ、様々なお菓子を何回もおかわりされる方もおられました。

皆様今後も元気で長生きされて下さい。

青風苑からも入所者様皆様にお祝いの品を贈らせて頂きました。