相談員の徒然日記 青風苑入所 ~新型コロナウイルスワクチン 接種編

今年の九州北部の梅雨入りは5月15日頃で、平年と比べて早かったようですね。

今年の梅雨は、梅雨前線の活動が活発になりやすいと予想されています。

梅雨の期間の気温や降水量は、平年並みかまたは多いと予想されています。

昨年、一昨年、直方は7月2日に豪雨により河川氾濫の警報がでました。

今年はそうならないことを願うばかりです。

梅雨が明けると本格的な夏の到来です。

昨年同様、マスクを着けての熱中症対策!!室温調整、水分補給をこまめに行い

厳しい暑さを乗り切りましょう。

新型コロナウイルスワクチン接種

青風苑では、入所者様及び、職員のワクチン接種1回目を、5月17、18日の 

2日に分けて実施しました。

そして今月、6月7日~6月11日の間で2回目のワクチン接種を行いました。

2回目の方が副反応がでやすいという世間で話題となっていた情報は本当でしたね・・・

2回目の接種の次の日数名の職員が発熱や倦怠感を訴えていました。

(自分を含めて・・・)

しかし、入所者様については殆どの方が発熱を含む副反応はありませんでした。

入所者様に目立った副反応がなくて本当によかった・・・

今回無事に2回目のワクチン接種が終了しましたが、ワクチン接種をしても  100%感染を防げるわけではないので今後も感染予防に努めます。

新型コロナウイルス感染予防のため、1年以上の長きにわたってオンラインのみや人数をしぼっての面会制限を行い、入所者様とご家族様には大変なご心配をお掛けしております。

早く以前のように施設内居室で、入所者様とご家族様が直接お顔を合わせ、自由にお話が出来る日がくればと思っています。