相談員の徒然日記~青見デイケア 節分 編~

立春を迎えました。暦の上では、春の始まりであり、1年の始まりとされています。梅の花も、ちらほらと見られるようになりました。

例年では、2月4日が立春となっていたのですが、今年は違います!

2021年の立春の瞬間は、2月3日の23時59分だったということで、1分の差で、2月3日が立春になったそうです。

それに合わせて、立春の前日である節分も、2月2日となりました。

2月2日になったのは、 1897(明治30)年以来、124年ぶりだそうです。貴重な瞬間に立ち会えました☆

節分の日は、皆様豆まきはされたでしょうか???

するのは良いんですけど、終わった後は床が散らかって悲惨なことになってますよね・・・。

年の数だけ豆を食べると良いそうですが・・・豆だけで腹いっぱいになりますって。

豆まき

2月3日、青見通所リハビリテーションでは、豆まきを行いました。

       棒と・・・何か手に持ってますが・・・。             あぁなんだ、消毒液か

利用者様方が隣同士になっていないかを確認し・・・

赤鬼と青鬼の登場です!! マスクとレインコートで完全防備しております。

しかも鬼に直接豆(に見立てた物)を投げるのではなく、背負った箱の中に投げ入れて頂くようになっている様です。

痛いからという理由ではなく、ウイルス対策の仕様になっております。

怖い物知らずの鬼でも、ウイルス感染は怖いらしいです。

まずは手を消毒して・・・

さあどうぞ!!遠慮なく一気に投げちゃって下さい!!

散らかりましたね~・・・なんか違うの落ちてますけど。

「鬼は~外っ!福は~内っ!」という威勢の良い掛け声は控えて頂きましたが、皆様思う所があるのでしょう。投げるときは思いっきり投げられていました。

良い厄払いになりましたかね~?

鬼が去り際に、「使ったレインコートは、消毒して保管しておく」と言っておりました。

マメな鬼さん♪

今後も、感染対策を行いながら、安心して、楽しんで過ごして頂けるような環境を作っていきます。