リハビリ

青見デイケア ~新年度 編~

新年度を迎えました!!

入学式があったり、なにかとおめでたい時期でございます。

それにしても・・・寒いっ!!・・・と思ったら暑いっ!!

なんでしょう、この寒暖差は・・・。

体調不良でデイケアを休まれる方もちらほら・・・。

皆様、体調を崩されないようにご自愛下さい。

PT講座

青見通所リハビリテーションでは、4月15日に、理学療法士講座を開催致しました。

今回は、「靴の選び方」について、解説させて頂きました。

                           

まずは、足の基本構造を、 絵で説明していきます。

一言で「あし」と言っても、「脚」と「足」があります。今回は、くるぶしから先の部分に当たる「足」についてです。

皆様、興味津々です☆

足は、沢山の小さな骨が集まってできています。

そして、内側にはアーチと呼ばれる、いわゆる「土踏まず」があります。

絵、上手っ☆                         

足は踵から足先に向かって、末広がりな構造となっていますので、靴選びの際は先が広い物を選ぶと良いとのことです。

先の細い靴を履き続けると、 本来、筋肉で引きつけられているはずの足の骨が、靴で固定されてしまうため、引きつける筋力を失い、骨と骨の間が広がってしまいます。

その結果、根元が広がり、つま先は内側に向くという現象を生みます。その結果、外反母趾になってしまうようです。

また、足のゆびの根元に合わせて、一緒に曲がってくれるような「縦に柔らかい靴」が良いそうです。

中敷きは、土踏まずの形に合わせた形の物(いわゆるアーチサポート)もあり、中敷きをすることにより靴のクッション性能も上がりますので、是非ご検討下さい。種類も沢山あるようです。

もちろん、重い靴よりも軽い靴の方が単純に歩きやすいですね。

良い靴の条件をまとめると・・・

①先が広い

②縦に柔らかい

➂アーチサポートがある

④クッション性がある

⑤軽い

以上の5点になります!!是非、靴選びの際の参考にされて下さい♪

靴も大事ですが、なんだかんだで、日頃の運動(特に歩行)もやっぱり大事、と話をまとめられました。

利用者様方も、「うん。うん。」と、納得されておりました。

現代では、裸足で歩く機会なんて、ほとんどないですもんねぇ・・・。

アキレス腱を伸ばしたり、足の趾の曲げ伸ばしだけでも行ってみましょう。

相談員の徒然日記 ~青風苑 初夏編~

暑いとです。汗が止まりません。汗で襟元がえらいことになっとるとです。気温はさほど高くなくても、湿度の高い日ともなれば・・・体中にまとわりつくような不快感がありますね。

すでに使い始められている方もおられるかと思いますが、冷房を使う機会がこれから増えていくことになります。

よく、「健康のために冷房は使わない」という声も聞きます。確かにそれも一理あるのかもしれませんが、暑い環境に長時間いることや、汗をかきすぎた状態が持続すると、死に至る場合がありますので、外気温が30度を超えた時は是非、エアコンという文明の利器に頼って下さい。

冷房の適温は28度と言われていますが、その日の湿度や、その人の筋肉量や脂肪の量で体感温度は変わります。合わせて除湿機や扇風機を使うという手もありますので、ご自分に合った環境を作れるよう、あの手この手で乗り越えていきましょう!!

リハビリの様子

本来であれば、青風苑の利用者様は午後から1階にお連れしてリハビリを行っているのですが、コロナウイルス対策期間中ですので、2階でのリハビリを行っています。

そのため、パワーリハビリの機械等、一部できないメニューもございますが、平行棒を2階に持って上がり、できることを実施しています。

個別リハビリも引き続き対応しています。

手指消毒や機器の消毒など徹底して行っています。

5月に緊急事態宣言が解除となって、6月から様々な所が営業を再開されています。介護施設や病院におきましても、面会制限を解除したりと、少しずつ本来の生活に戻っていってる・・・と思いきや!!

また次から次に出ております。こうなることは想定内ではあったのですが、思った以上に出ています。第2波・・・?いや、これは第1波の残党が拡大しただけでしょう。

青風苑でも、6月1日から面会制限を解除する方向だったのですが・・・現状を踏まえ、延長させて頂いております。

ストレスの多い日が続きますが、引き続き、気を引き締めていきましょう。

一部の地域では、まだの所もあるようですが・・・・・

給付金、出ましたね。ありがたいことです。