相談員の徒然日記 ~総合ケアセンター 残暑 編~

今年の夏は、コロナの影響もあり、花火大会や、盆踊りの中止、そして夏休みの短縮と、毎年の恒例行事がどんどんなくなり、 地方によっては、伝統的な行事も中止になっているみたいで、寂しいものです。

海開きやプール開きを中止する所もあります。

子供さんであれば、空気で膨らませる市販のプールや、水風呂でも十分楽しめると思いますので、そちらをお勧めしたいです。

ただし、熱中症にはくれぐれもご注意ください!!

作品制作

総合ケアセンターでは、作品制作でブローチとコースターを作って頂きました。

左の写真は、落ち葉のブローチで、右の写真は、可愛いコースターです。

落ち葉のブローチは、スタッフが紙粘土で土台を作り、利用者様には色を塗って頂きました。

一色だけではなく二色、三色と色を重ね塗りして頂いたので、乾いた後の発色が異なり鮮やかな作品に仕上がりました☆

利用者様の中には「タマムシみたいやね~」と喜ばれる方もいました♪

えぇっ・・・?

タマムシ

確かにタマムシも鮮やかですけども・・・。

( ´_ゝ`)

その流れで、「最近はタマムシを見ない・・・」という話題につながり・・・

小学生の頃、校庭で見たような見てないような・・・確かに、記憶にすらないです。

コースターは、果物をモチーフにしております☆

スタッフが布を縫い合わせて土台を作り、利用者様には飾りをそれぞれ選んで頂き、貼る作業をして頂きました。

どれも可愛く仕上がりました♪

利用者様が作成中に、「最近の子はりんごやらぶどうやら食べんね。私たちの時代はごちそうやった」と話されながら楽しまれていました☆